浮気調査は質の高い探偵に依頼すべし

浮気調査ってどうすればいいの?不安なあなたへ提案します!

浮気の証拠を掴んだらどうすべき?

関係修復?離婚調停?発覚後はどうしたい?

浮気調査を行い浮気の証拠を得たとして、まずあなたはどうしたいと考えていますか?
大抵の人は「和解」か「離婚」かの2択かと思います。いざという時の弱みとして浮気の証拠を握っておきたいと思う方も居るかもしれません。
しかし、法律で決められている浮気の証拠の有効期限は「3年」です。何か行動に移したいと思うのならば、早めに行動することが重要でしょう。

裁判まで話が進んだ場合、探偵社で作る調査報告書を裁判所に提出することで「浮気をしているか、していないか」で争う必要が無くなり、裁判をスムーズに自分有利に進めることができます。
さらに、明確な証拠が存在することにより、多額の慰謝料を請求できるようにもなります。
実は慰謝料の金額にはっきりとした基準はありません。浮気の状況や今後の夫婦関係、浮気の確実な証拠の有無などが慰謝料を決めるうえでのポイントになるようです。

一番大切なのは心のケア

パートナーの浮気の証拠を手にすることも大切ですが、一番に大切にしていただきたいことは自分の心を気遣うことです。

浮気のストレスというものは多大であり、心身共に大きな影響を与えます。
中には浮気のストレスによってパニック障害になってしまったり、浮気されたことがトラウマになってしまい、些細なきっかけで当時のショックを思い出してしまう「フラッシュバック」に苦しめられるような方も居るそうです。

浮気をされた時、多くの人は「酷い!許せない!」という強い怒りの感情を抱くことになるでしょう。
しかし、心の奥底は「寂しい」「悲しい」「辛い」という感情でいっぱいになっているはずです。また、一度人に対して攻撃的になってしまうと、人は罪悪感や自己嫌悪を抱いてしまいます。
浮気は人の心を深く傷つけます。

心の傷を癒しながら新たなスタートを切るために、まずは自分を許して、受け入れてあげることから始めていきましょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る